Tag Archive | #アウシュヴィッツ

夜と霧になれ アウシュヴィッツ強制収容所

PC267556

 

近代ヨーロッパ史上最悪の悲劇、アウシュヴィッツ強制収容所に行きました。

第二次世界大戦時、ナチスドイツがポーランドを占領し、アドルフ・ヒトラーの命令の元で強制収容所を建造しました。選民思想を持つヒトラーはアーリア人を優れた種族、ユダヤ人を劣等種として、ヨーロッパ中からユダヤ人や政治犯を集めてこの強制収容所で処刑していました。

現在でもハーケンクロイツやナチスドイツ式敬礼は欧州ではタブーとされており、2013年3月、試合中にナチス式敬礼を行ったとしてギリシャのサッカー選手が永久追放されています。

あまりにも悲惨な出来事があると、人は目を背けたくなるものですが、1979年に、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いをこめてユネスコの世界遺産委員会がこのアウシュヴィッツ強制収容所を世界遺産に登録しました。

2012年の暮れ、アウシュヴィッツに行って感じたことを思いだしてみたいと思います。

「夜と霧になれ、誰の目にも映らないように」とはワグナーの「ラインの黄金」第三場「ニーベルハイム」からの引用で、ワグナーを愛聴していたヒトラーはこのセリフから総統命令「夜と霧」を発令し、ナチスに反対意見を唱えるものを密かに連行していました。また、強制収容所経験を基に書かれたヴィクトール・フランクルの同名の小説「夜と霧」は全世界でロングセラーとなっています。

Read More…

Advertisements