Tag Archive | #ユングフラウヨッホ

トップオブヨーロッパ ヨーロッパ最高峰の駅 「ユングフラウヨッホ」

ヨーロッパで一番高い場所にある駅、ユングフラウヨッホ。

スイスの鉄道王 アドルフ・グイヤー・ツェラーがアイガーとメンヒの山中にトンネルを堀り、ユングフラウ頂上まで登山鉄道を走らせるという着想を得たのが1893年のことです。彼は100名のイタリア人工夫を雇い入れ、シャベルやピッケルなどの手作業、3交代でトンネルを堀り始めました。

途中、6人の工夫が爆発事故で命を落とし、ストライキがあり、ツェラーが肺炎で亡くなり、経営不振のために2年間の工事中断があったりして、なんとか今の場所に駅を建設したのが1912年のことでした。

絶景を求めてやってきたこの駅、駅以外には何もないだろうと思っていましたが、トップオブヨーロッパという施設を併設しており、展望台あり、氷河でできたアイスパレスがあり、お土産屋さんやレストランありと、なかなか綺麗な施設です。

写真は、1912年全線開通記念に旗の立てられた場所、トップオブヨーロッパ「氷河の高原プラトー」で。

P9162692

Read More…

Advertisements

ハイジのアルプスを車窓から臨む旅「ユングフラウヨッホ」

アルプスはヨーロッパ中央部にある山脈のことで、最高峰はモンブラン(4,810.9m)。

登山家にとってはあこがれの場所で、日本の飛騨、木曽、赤石山脈のことをそれぞれ北、中央、南アルプスという別名で呼んだりしますね。

ユングフラウヨッホとは、アルプスのユングフラウ山地を走る高山鉄道ユングフラウ鉄道の終着駅で、標高3,454mにあるヨーロッパで最も高い場所にある駅です。

富士山の標高が3,776mですから、その高さもイメージがつくでしょうか。

写真はユングフラウ鉄道の駅の一つ、ラウターブルンネン駅(Lauterbrunnen)から撮りました。

P9162733

Read More…